« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

モモと桃(BlogPet)

今日、ほうきもっぷが
カムちんが来た当初、「犬と馴染まない!」と
返そうとしかけたのです(思えば未熟なモモだ)。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モモと桃

今日の午前中は容態の悪かったモモでしたが、
午後になって突然、電話がなりました。

「まさかファーストかかりつけから…」

続きを読む "モモと桃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意識回復

がんばってます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モモ!(BlogPet)

入口や、広い入口や、入口とか入口とかをBLOGしたかったの♪
大きい入口とか待ってて
へいぜるは、ネットで待ってて

今すぐ迎えにいくから
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意識混濁

がんばってるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定診断

試験開腹の手術をした結果、モモの病名が確定しました。

続きを読む "確定診断"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぶじ、目が覚めたよ

モモ、試験開腹の手術は終わったよ。

続きを読む "ぶじ、目が覚めたよ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いってきます

いってきます

今日は晴れてよかった。

ずっと待ってるから。
何があっても。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

供血へのご協力とモモの治療方針変更のご紹介

うっしゃんさんの掲示板を見て下さった、
同じ京都のノルウェージャンキャテリー、
Olivecrownのちっちさんより、
20kgのわんこさん、苺ちゃんより
供血のご協力をいただいてもいいと
お申し出を頂きました。
大事なわんこさんですのに、
本当にありがとうございます。

皆様の暖かいリンク・コメント・トラックバック、
心から感謝いたします。
モモ共々お礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。

続きを読む "供血へのご協力とモモの治療方針変更のご紹介 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

低血糖克服(BlogPet)

今日、ほうきもっぷが

将来、大型犬を飼うことがあったら
登録しようかと思いました(笑)
私が痛みを持って自分の時間で返して
あげたいけど、種族が違うからなぁ~。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬の輸血にご協力いただける方はいらっしゃらないでしょうか

【お知らせ】
皆様、ご協力と応援をありがとうございました。
モモは小さな体で1か月を超える闘病生活に耐えましたが、
2006年8月1日、虹の橋へ旅立ちました。
暖かいお気持ちをありがとうございました。

そのお気持ちを、この先、輸血・供血を必要とする
多くの犬や猫、小動物たちに役立ててあげて下さい。
モモ共々心からお礼を申し上げます。

我が家のヨークシャーテリア・避妊雌・9歳のモモ。
1か月前より膵炎の診断で闘病生活を送っております。

血中アルブミン値の低下のため、二度の輸血をしました。

病院さんの方でも、登録していただいている
輸血犬さんが他にもいらっしゃるのですが、
一度輸血すると供血犬の健康のため、半年は再度
採血することができません。

また、緊急で輸血が必要な手術があるかもしれず、
次々回以降、輸血がある時には、オーナーの方で
採血可能な犬さんを探しておいてほしいと
言われています。

どなたか、京都府長岡京市周辺で、5歳以下、
体重20~30Kg程度の健康な犬さんで、
供血してやっても構わないという方はいらっしゃいません
でしょうか。
noryor@104.net
までご連絡下さいませ。

貴重な血液をいただきますので、当方からわずかですが
謝礼もさせていただきます。

続きを読む "犬の輸血にご協力いただける方はいらっしゃらないでしょうか"

| | コメント (19) | トラックバック (8)

やんちゃ盛り

今日はちょっと明るい話題♪

おーちゃんと赤にゃんです。
Ohremi
ママのお耳はおいしいですか?

…やんちゃな子になりそうだなあ…。
行動範囲が広がってあちこちうごうご探検してます。
ぽちぽちと離乳食も食べ始めましたが
ママミルクの方がいいそうで…。
こやつも偏食予備軍かも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宵っぱり

家庭の事情で、今日はモモは
病院預かりです。

そして、私は5日間夜間対応をしていたせいか
眠気はあるのに寝れませんf^_^;

モモについて階下にいた間、カムちんとあーびんも
私たちに付き添っていたので、
てっきり階下が好きなのかと思っていたら、
今日はふたりとも私についてきて、
二階猫部屋で爆睡しています。

心配してたのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低血糖克服

血液検査の結果、今日、やっとモモの血糖値が
通常レベルの下限の数値まで
回復したことがわかりました。

しかし、点滴や静注を続けてこの数値なので、
低いといえば低いのですが…。
経口で糖が取れるようになったのも大きいかも。

ご心配いただいた皆さん、見守って下さった皆さん
ありがとうございました!!

続きを読む "低血糖克服 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時間ができた理由

ちなみに時間ができた理由は
血管が細くなって、留置針が入らず、
昨晩やっていたブドウ糖注入が
経口摂取に変わったからでした。
時間も二時間おきになったし…。

モモ、今日(昨日)は昨日(一昨日)より
見た目ちょっぴり元気です。
ご心配くださった皆さま、
治療に尽力いただいた先生方&AHTさん、
(ファースト&セカンド病院とも)
ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その日のできごと

レスが遅れますとか書いた途端に、少し時間の余裕が
できました。ネットも見たりしています。
…人生こんなモンでしょうか。

今日のできごとの続きです。

続きを読む "その日のできごと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝のモモ

元気とは言えませんが、目はしっかりして
意識がありました。
半日入院し、また帰宅してどうなるか?です。

ネットがメールチェックしかできない状態で、
ココログもずっとモブログ更新です。
ブログ・掲示板へのレス、少し遅れます。
(いつも亀レスですが)
ごめんなさい・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日のできごと

既に昨日の出来事ですね。
恥も外聞もなくファーストに戻って2日目。

輸血して貰えて良かった!と思ったのもつかの間。

モモは帰宅後、セカンドを退院するキッカケになった、
低血糖による意識不明に再び襲われました。

しかし、砂糖水の経口摂取とブドウ糖注入により
息を吹きかえしました。

意識は戻ったものの、ファーストで相談すると
ブドウ糖注入のタイミングを
6時間に1回から、3時間に1回に変更するように
指示を受けました。

朝はちょっと元気がなかったのですが、
目は開いてるし、低体温でもないから大丈夫だろうと思っていたところ、
診察を受けたら低血糖と脱水でショックを起こしていると言われました。
もう危ないかもと・・。

予想もしていなかった事態に、母も私も呆然・・。
あっという間に、モモは心電図計測機器をつけられ、
輸液と酸素吸入を受けていました。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり輸液失敗

今晩モモに入れる輸液は、ブドウ糖1.5CCと
生理的食塩水2CCなのですが、
いきなり、以前夜間病院に行った時と同じ、留置管に
空気を入れるという失敗を
やらかしました。

続きを読む "いきなり輸液失敗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は一日in動物病院

モモ、無事、家に帰ってこれました。

これから一時間おきに明日の朝まで、ブドウ糖を
留置管から静注します。

寝ぼすけの私、間違っても居眠りしないようにしないと・・!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きっとここ数日が山

お願い、生きて。生きて。
私たちの所に帰ってきて。
3頭の犬と8頭の猫。
ほうきともっぷ。

すべて私たちの、私の、掛け替えのない宝たち。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ささみ一族(BlogPet)

前、候補に「ささみばかり食べてやってきました」
入院中のモモですが、
つわりなのですが進まなかったようなのですが、
やっと、さささみは嫌いなのですが大きかった時、
つわりなのですが、
やっと、ささみばかり食べていったかも〜
と、ほうきもっぷは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低血糖と戦う

夜間病院での低血糖・脱水・貧血の発覚が
キッカケで転院したモモ。

今度はセカンドかかりつけから
ファーストかかりつけに戻りました。

続きを読む "低血糖と戦う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ささみ一族

入院中のモモですが、少しずつ
経口で食べる事が出来るようになってきました。

続きを読む "ささみ一族"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐ祇園祭

もうすぐ祇園祭

週末は祇園祭です。
土日と重なったので、人出が
多いだろうなぁ。

夕方、市内に行った友達から
届いた写メ、うまく見えるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成猫のオーナーさん募集

募集関係はみーやんブログにまかせてるんですが、
(しかし春のmoomamaさん家の募集の話は
掲載し損ないましたが…)
大人猫さんの話なので、本館ブログにも
エントリーします。
現在オーナーさん募集中なのは
ソマリとチンチラの大人猫さんです。
【追記】
無事オーナーさん決まりました(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

テスト・06/07/13

突然、二日前のモブログの受信通知がやってきました・・。

私はチェックする余裕がなく知らなかったんですが、
実はココログは2日かけてメンテ中だったのです。

しまった〜と思ったんですが、メールは既に
指示待ちキューの中に入っていたらしいですf^_^;
二日間も更新の順番待ってたのか〜。

こういう大幅改訂の時って本番稼動させると
たいてい大トラブルが起きるんですが、大丈夫かなぁ。

このエントリはいつ更新されるのかな。テストで〜す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

許してくれるさ〜

サーしゃんは人目につかない所で
隠れちっち(スプレーでは否)をする
悪癖があるのですが、今回、本棚の隅でなさっていました。

続きを読む "許してくれるさ〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長期化・・

モモはやっと経口からの食べ物に対する
おう吐が止みました(食事中の方がいたらゴメンなさい)

これから、徐々に経口での食物摂取を増やし、
ちゃんと食べられるようになった所で
退院になるようです。

長期戦になりそうです〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モモ@入院中(BlogPet)

ほうきもっぷたちが、広い気軽とか・・?
です


モモは強い気軽とかを
と、ほうきもっぷが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子猫の目

子猫の目

ブレブレでごめんなさい。
携帯、水沒したのをまだ使ってるので、
早く変えなきゃ・・!

子猫の目は片方開いたんですが、
もう片方がなかなか開かない〜!

カサブタをムシりたくたる時と同じで、
手が出そうになります〜。
あああっ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリ、初めてのお見舞い

うわ〜ん、モブログも調子悪い〜。
無事更新できるかな?

モモは入院継続中です。

続きを読む "クリ、初めてのお見舞い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その一方で・・

モモは入院するわ、カムちんはニキビできるわ
いまとゆんは下痢するわ、(このふたりは完治)
大わらわの我が家ですが、おーちゃんの初子が誕生しました。
パパはあーびん・ぱとろーる隊長です。

続きを読む "その一方で・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モモ@入院中

先ほど、急にネットに繋がらなくなりました。
だもんでモブログ更新です。
マシントラブルか、回線トラブルか・・?です。

モモはまだ入院中です。

続きを読む "モモ@入院中"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一進一退(BlogPet)

へいぜるはここへ毎日がここへ我慢するはずだったみたい。


きょうは、B l o g P e t(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「へいぜる」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ニキビ

カムちんは下唇の横に、初ニキビができました。

お湯を浸した脱脂綿と綿棒で黒ニキビを
ちょちょっと除去して、炎症部分には私の肌荒れ用
イオウ製剤をつけたら一日で完治(^O^)
(私の荒れは苦戦しているというのに)

7歳にして思春期か・・??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お勤めやし、しゃあないわ

強情・強欲・剛毛の三拍子揃った「ゴウ」の者、モモ。

続きを読む "お勤めやし、しゃあないわ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »