« ただ今、VIP待遇@ほうきもっぷ携帯(こうさぎ) | トップページ | パリと友達と猫と »

パリの冬はいつも曇り空

冬のパリに行ってきました。
paris_sora

私は知らなかったんですが、冬のヨーロッパはほとんど曇りの日が多く、
晴れの日はまれだそうです。
それでみんな南の国へ行ってしまうのか…。
(ちなみに、夏からメールでコンタクトしていた知り合いも、
猫連れで南仏に行っちゃってました。残念ながら会えなかった…)
旅行者にとっては、趣きがあっていいんですけどねぇ。

paris_sacre
サクレ・クール寺院です。
前回は宿に近すぎたのと、同行者が既にモンマルトル見学を済ませていたので
行かなかったんです。
でも、コレを目印に宿に帰ってたなぁ。

paris_tree
12月だったんで、ノートルダム寺院にもツリーが出てました。


実はノートルダム寺院とサント・シャペルには、前回行ってたんですが、
今回シテ島にお目当てがありました。

それはマリー・アントワネットが死の直前まで幽閉されていた、コンシュルジュリー。
誰かのエッセイで
「地下室みたいな狭い場所で、ここにアントワネットがいたかと思うと同情を禁じえない」
という趣旨のことが書かれていたので、どんなんかと思っていました。
牢屋の入り口に、晩年のアントワネットの肖像画(?)のアップがあったんですが、
マリア・テレジアの肖像画に似ていてびっくりでした。
母娘なんだから当たり前なんですが。

で、問題のアントワネットの部屋はというと、
しかし、先に平民の同居房、次にちょっとお金のある人の独房を見たせいか、
「広いやん」
と思ってしまいました。
まぁ、ベルサイユ宮殿から比べたら悲惨なことには間違いないですが。
自由も平等も権利もそこにはなく、まさに「地獄の沙汰は金次第」でした。

こんなん書いてたら、とても歴史の好きな人に見えそうですが、
私のフランス革命時代の知識はほぼ100%「ベルサイユのばら」からです。

このシリーズ、後2回続きます♪

おまけ
もはや時期はずれですが…。
パリのイルミネーション見てみますか?

|

« ただ今、VIP待遇@ほうきもっぷ携帯(こうさぎ) | トップページ | パリと友達と猫と »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

続く!ですか!?
もぅ、二回といわず心行くまでアップしてください~。
私の生涯をかけた夢は「三大文明発祥の地めぐり」(ギリシャと中国は制覇、後はチグリスユーフラテスのみ)
そして目標が世界美術館館・博物館めぐり(制限なし)でして、その中でもルーブルと大英はぜひとも腰をすえて見学したい場所なんですが・・・ある?ある?ある?

投稿: お局様 | 2005/01/08 21:04

それは、とっても素敵で壮大な夢ですね!生涯かけてに相応しいです~。
お局様の旅行記も見たいなぁ~。

ルーブル、行きました!巨大すぎです~。まる1日かけても大変かも…。
今回はツアーで有名どころを回りました。

前回も行ったんですが、私はのんびり見てたモンで、
同行の友人に捨てて行かれました。
結局見たのは1階だけ…。
友人は何とか他の階の展示物も見たみたいです。
時間が無いから効率的に周った方がいいんでしょうね。
でも、ルノアールらしくないヘンな絵を見つけて、掘り出し物チックで
ちょっと嬉しかった記憶があります。(マニアック?)

その1か月後に別の友人がパリに行ったんですが、なんとストで休館だったとか…。
美術館にストなんてアリなんですかねぇ。

でも、今回の写真は、ブレてるか真っ暗かでほぼ壊滅状態なんですよ(T_T)
補正できそうだったら、おまけでUPします~。

投稿: ほうきもっぷ | 2005/01/09 13:39

私も、フランス革命は「ベルサイユのばら」、
ロシア革命は「オルフェウスの窓」、
日本史は「大河ドラマ」です(^^;)

コンシェルジュリーには、アントワネットの髪の毛と手紙が展示してあったと思うのですが、いかがでしたか?
確か、フェルゼンに贈られたという指輪に髪の毛が巻き付けてあるとか…?
私は、パック旅行だったので、コンシェルジュリーの外観は見たけれど、中には入れなかったのよ…
手紙は、ルイ16世の妹に宛てた物で、「ベルばら」の9巻に載っているものだと思う(?)

私は、9月に行ったのだけど、やはり曇っていました。
パリのイメージは、スモーキー。セピア色。
ローマは、秋晴れ。真っ青な空。原色が似合う街。
そういえば、ドイツの空は何色だったかなあ?
ドイツは、ポプラの黄色が印象的で、赤い屋根に良く映えて美しかった♪
私は、なぜか、あのドイツの町を、ポプラ並木を、あの人と歩きたいのです。
パリでも、ローマでもなく。

投稿: 眠れる森の猫 | 2005/01/10 23:05

∑(゜◇゜;)ガーン
うわあぁぁぁ~!チェックし忘れたぁぁぁ!!
今回、「歩き方」はもって行っただけで、中を全然読まなかったから…。

その指輪、ベルばらで
「裏にフェルゼン家の紋章とあなたの名前を彫らせて」云々
ってやってたアレですか!?
(セリフはうろ覚え)
多分、展示してた場所はわかるんですが、
サン・ジュスト様のご尊顔の方を拝んでました。
(大人になってからなぜか「おにいさまへ…」が
流行って友達が貸してくれました。
アニメの方やけど)

手紙…、あったけど素通りしたわ…。あーあ。

後半の文章が詩のようで素敵だわ。
その人にも読ませたい!
私のイメージでパリは毎回曇り。(前回は春だったのに)
ローマは同じく秋晴れ。ドイツは夏で日本より暑かった…。(酷暑の年だったし)
猫、ノビてたわ…。もちろんピアも…。

投稿: ほうきもっぷ | 2005/01/11 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51258/2510195

この記事へのトラックバック一覧です: パリの冬はいつも曇り空:

» オスカルの決断 [いんちょー奮闘記]
こんにちは。「ベルばら」について書かれていたので 僕の勝手な感想ですがTBさせていただきたいとおもいます。 完成度の高い漫画ですよね。 (恥ずかしながら、... [続きを読む]

受信: 2005/01/20 15:45

« ただ今、VIP待遇@ほうきもっぷ携帯(こうさぎ) | トップページ | パリと友達と猫と »