« ぼく、あーびん | トップページ | 小さかったなあ »

狩の季節

先ほど、カムちんが壁際で何かを見つけ、攻撃音を発しはじめました。

「う…。涼しくなって奴らも活動開始したか」

うちは最近置き餌をほとんどしていないのですが、
ピアのために棚の上にちょっとだけカリカリを置いてあるので、
室内飼いの猫がいる家に必須(?)の「奴ら」が
時々現れるのです。

カムちんが家に来てしばらくの頃は、「奴ら」を追い回すのを見て
ぎゃーぎゃー悲鳴を上げていた(しかし、しっかり仕留めていた)私でしたが、
もう大分慣れてきて、「運動不足解消にちょうどいいじゃん♪」と
思うようになってしまって、ちとイタいかも。

攻撃態勢完了モードのカムちんを見て、もうそろそろやっつけるか…と
棚をちょっくら動かしたところ、棚と壁の隙間で動けなくなっていたのは、
「奴ら」=ゴキちゃんではなく、クモちゃんでした。

私の住んでいるところは、クモが多いらしく、
以前その事をネタにカルチャーセンターで作文を書いたら、
たまたまいらっしゃった同じ市内の人に
「うん。本当にクモが多い」と言われました。
ちなみにカメムシも2年に1度くらい大発生します。

「あー、クモちゃんはやっつけなくていいの。カムちんお仕事終了ねー」

と、未だ攻撃モードのカムちんを放ったらかして隣の部屋に行きましたが、
戻ってきても、カムちんは攻撃モードを解除していませんでした。
…根気があるといえばあるんだけど…。
面白いから、後姿を撮ってやれと思ったら、彼は写真を撮られるのが
キライなので、その場を離れてしまいました。チェッ。


えものをねらっていたのに、あねがじゃまするんです。
come_shobon.JPG
ぷんすか。

|

« ぼく、あーびん | トップページ | 小さかったなあ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51258/1661291

この記事へのトラックバック一覧です: 狩の季節:

« ぼく、あーびん | トップページ | 小さかったなあ »