« 酔露刺駆!悪亜美斗! | トップページ | Live Flesh »

ケーキ屋さんでケーキを作る

友人よしりんに便乗してケーキ教室に行ってきました。
こちらの講座は、ケーキ屋さんが開催されているということで、
興味をもったんです。

今回作るのはマカロン。
macaron_pro1.jpg
これはお店の商品です。

受講メンバーはよしりん、てらちゃん、私。
よしりんが私とてらちゃん共通の友人です。
ちなみに三人で以前に会ったのは、5年前の史上最悪の
変な合コン(連絡をつけたのは私だった…)でした。

さて、現地のお店は、とても可愛らしい店舗でした。
(しまった、外観を撮るのを忘れた)
講座が始まろうとする時、先生から微妙な一言が…。

「マカロンは、難易度の高いお菓子です」
「!」

自慢でも卑下でもないけど、私が最後にお菓子を作ったのは十年以上前の事…。
よしりんは私よりマシで、最近も作ったことがある様子。
てらちゃんはケーキ作りが趣味なので、準備バッチリです。


…先行きの不安を覚えつつ、講座スタート♪

文明の利器(電気泡だて器)のおかげでメレンゲ作りは難なくクリア、
次は粉混ぜです。
ケーキ作りの癖が抜けず、泡を潰すのに四苦八苦していると、
また先生のお言葉が…。

「ここでしっかり泡を潰して粉を馴染ませないと、
薄いマカロンになってしまいます」

この時点で、三人の生地に違いが出てきました。

よしりん生地   : 色が濃い。量が少ない。
てらちゃん生地 : 中くらいの色。量が多い。
マイ生地     : 色が薄い。量はやや少なめ。

…ヤバい。大丈夫か、マイ生地。

「マカロンは混ぜ方ひとつで変わりますからね。個性が出るお菓子なんですよ」

先生の言うその個性は、生地の絞り出し方にも現れていました。
こんもり可愛い形のよしりん。均一な形のてらちゃん。
何だかやたらに大小のあるマイマカロン。

…大丈夫か、マイ(以下略)。

とりあえず、生地は乾かした後、焼きに入りました。(業務用オーブンで!)
次はマカロンに挟むクリーム作りです。
で、この間、汚れたボウルやらゴムベラやらは、全部洗っていただいてたんです。
我々は、ひたすらケーキ作りに専念しておりました。
料理教室に行くと、専ら洗い物係の私としては、すっごーーーく、有難かったです。

そうこうしている内に、無事三人分の生地も焼き上がりました。
先ほどのクリームを挟んで、「完・成・です!!!!!」

出来上がったマイマカ
macaron_mine1.jpg


早速試食タイムです。
なんと、店頭にも並んでいる商品の「雪の結晶」という、美味しいフレーバーティーを
淹れていただきました。
紅茶もあるし、さあ一口…。

                                               …サクい。

どうやら、私は「薄い」マカロンを作ってしまったようだった。

「マカロンはそれぞれ自分に合った作り方があるんですよ。何回か練習すると
ベストの状態を覚えますよ」
…猫のシャンプーと一緒だ…。
それより何より、先生にやってもらって綺麗なのができるより、
ほとんど自分で作ることができるっていうのが嬉しい!です。
そして次こそ、必ずやリベンジ!


マカロン作りを教えていただいたお店
パティスリー・プチ・ジャポネ

京阪神、京阪奈のケーキ好きさん、ぜひぜひ足をお運び下さいね!


おまけ:
《プロの技と比較 正面図》

macaron_hikaku.jpg
右の白くて小さいのが商品。

《プロの技と比較 断面図》

macaron_pro_danmen.jpg
こちらが商品。

macaron_mine_danmen.jpg
こちらがマイマカロン。
しかし、素人にもここまで作らせていただいて感謝のかぎりなのでした。

もいっちょおまけ:
《マイマカロン、アクアビットさんと記念撮影》
macaron_et_akvavit.jpg

|

« 酔露刺駆!悪亜美斗! | トップページ | Live Flesh »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51258/1595054

この記事へのトラックバック一覧です: ケーキ屋さんでケーキを作る:

« 酔露刺駆!悪亜美斗! | トップページ | Live Flesh »