« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

なるほど…(こうさぎ)

きのうへいぜるが、びんも一緒したかったみたい。
きのうはカムがココログ♪
きょうへいぜるはしっぽが心配しなかったー。
houkimopは、

昨日のペット関係のココログを見ていたら、皆さん、被災地にいる、自分が飼っている

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イッツあたぴスタイル~すぽっと篇~

あたぴ、ピア。…スタイルのある女なの。
おねむスポットは窪みがある方がいいのね。体がすぽっと入るくらいの。
これ、洒落じゃないのね。

それがふわふわしていて、ほんのり暖かいのが一番いいの。
そうね、ムターの懐なんて理想かしら。
でも、あたぴは兄弟の中で一番オチビだったから、
なかなかいい場所が取れなかったのよね。

今のお家に来た時は好きな所取り放題だったけど、
新入り達が来て邪魔されるようになったわ。
人生ってうまくいかないものね。

でも、あたぴ専用のドーナツベッドがあるのよ。
暑いから冬しか使わないんだけど。

欠点は長い間寝ていられないことね。
「ピア…。せっかく寝てるトコごめん。股関節が痛い…」
って、起こされちゃうのよね。
「膝で寝てるのは可愛いのにな~。でもこの状態じゃ股裂きだぁ~、、
耐えられん」
あねムタの体が固いのがいけないのよ。あたぴ、知らないわ。

で、今年は他にもベッドを作ってくれたみたいね。
「あの…。そのダンボール、ほかそうと思ってたんですけど。
…気に入ったんならこれ使う?」

そう、体がすっぽり入って、ふわふわして、ほんのり暖かいのが
あたぴ好みのおねむスポットなの。
あたぴ、ピア。…スタイルのある女なの。


お気に召したようです。
pia_sleeping.jpg
…じゃ私の内モモも皮下脂肪でふわふわなのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣取り合戦りたーんず

とうとう、京都もかなり寒くなりました。
夏の間好き勝手に寝ていた猫たちも、呑気にしていられなくなりました。
特に真冬のヨーロッパ生まれのくせに、寒がりのピアが毛布の上を
がっちりキープしています。
フトンを猫たちに提供して、毛布で寝ていた私も、昨晩は我慢できず、
フトンの上に毛布をかけてぬくぬくで寝てしまいました。

朝起きたら、いつも私の隣にデフォルト指定のカムちんがいませんでした。
昨晩も見かけなかったので、一晩中、違う部屋にいたみたいです。

「…寝る時に呼ばなかったから、一晩いじけてたかな…??」

今日はカムちんにすりすりベタベタ、ひっついてご機嫌を取ってしまいました。

ところで今晩も寒いので、軟弱な私はついに電気毛布導入を決定しました。
電気毛布を敷いていると、カムちんが周りをウロウロしだしました。
そのクセ、何だかフトンにはいきかねている様子。もしや…。

フトンの上に引く毛布を一枚ではなく、色違いで二枚、フトンに引いてみました。
喜んで飛び乗るカムちん。
どうも、毛布ごとに陣地があると思っている様子です。
そうか、昨日はぱっと見、一枚の毛布しか引いていないように見えたから、
自分の陣地がなくなったと勘違いしたのか…??

hahako.jpg
早々にいい位置をGETする、ピア達です。
女は強し…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど…

昨日のペット関係のココログを見ていたら、
皆さん、被災地にいる、自分が飼っているのと同じ種族を
心配する傾向があるんだなぁ、、と思いました。

あたり前か…。

その中の、魚を飼育しておられる方のブログで、
山古志村は鯉の産地であることを知りました。

それとどこかの掲示板(多分、某巨大匿名…)で、
避難される被災者の方が
「闘牛は家族も同然だ、置いていけない」と
嘆いておられた由が書いてありました。
…牛、、ヘリに乗るのは難しいだろうなぁ…。

今日の新聞みたら、鯉や牛の世話に残られた方がいるみたいです。
あ、やっぱりそういう人もいたのか。
小千谷・山古志は錦鯉発祥の地なんだそうです。

海外のアニマルレスキューは災害時の愛玩動物や産業動物の
世話もしてくれるようですが、日本じゃそんなんないしなぁ。
結成されても、絶対、「人間が先だ」とかいう議論になりそうだしなぁぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

支援って

自分の身の振り方もちゃんとしてないのに、人様の心配してもだけど。
それでも、やっぱり気になる。地震とか台風とかその他にも。

…できる事だけ。無理はせず。
そして情報を確認すること…かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊が出た!

今日は高校時代の友人HERO
(私信:いつもの呼び名を書こうかと迷ったけど、懐かしのペンネームにしたよ)
と合う予定があって、久々に地元を歩きました。
が、その道すがらエライ代物が、道端に置かれているのを発見しました。

kumadeta.jpg

ひえぇ~、、猟銃だよ…。初めて見た~。
しかも、この銃と説明書きの下に置かれているのは、
仕留められた熊の皮なんですよ。
お金持ちの玄関に置いてある(?)虎とかライオンの皮、あの状態なんですよ。

私「うわ~、、熊やで熊!この近所にいてるんや!」
H「何年か前、役場の車が回ってきて、『熊に注意』って言ってたことあるで」
私「うそ~、知らんかった。昔うち(実家)の近所で猪が出たって聞いたけど」
H「おサルさんも出た事あるから」

こんなことを書くと、鄙びた場所に思われそうですが、
現場はJRの駅から徒歩数分。
周囲は住宅街です。
それからしばらく道を進んだところにあった看板に、再びエライ文句を発見。


「この辺りでアライグマが出没するので注意して下さい」


熊の次はアライグマかよ!?

アライグマ看板はその後も至る所で発見され、
果てにはお墓の入り口に立っていたので、
「彼らはお供え物を狙ってやってくるのだろう」と、いう結論に達しました。
仏様もお腹をすかせたアライグマがお供え物を失敬していくのくらい、
許してくれそうな気がする…。

私「あ~、だけど、彼ら繁殖力旺盛やから。コドモが離乳したら即発情来るし」
H「それじゃ、『必ず恋をしていないと、生きていけないの』ってことやんね?」
私「そうやわ~(フェレットなんかまさしくそうだわ)」
H「じゃ、ラスカルのぬいぐるみとか、恋のお守りになったりして」

用事が終わってから、復路で同じ場所を通ってもらって、熊皮の写真を撮りました。
動物園で見る熊より小さいかな…。
この期に及んでは何もすることがなく、熊が成仏する事を祈って帰途につきました。
合掌。


…と、いうかこの記事のカテゴリは「ペット」で本当にいいんですかね…。


熊の皮の写真です。
携帯で撮ったので、グロさはあまりないと思いますが、
剥製や動物の遺体が嫌いな方は見ない方がいいかもしれません。
見てみたい方は下記のリンクをクリックして下さい。

熊皮写真

| | コメント (6) | トラックバック (0)

狩の季節(こうさぎ)

きのうはラも攻撃したかったの♪
houkimopは、

先ほど、カムちんが壁際で何かを見つけ、攻撃音を発しはじめました。
「う…。
涼しく

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

陣取り合戦(こうさぎ)

へいぜるは、攻撃するつもりだった?
houkimopは、

さて昨晩新しく掛けふとんがでてきた我が家です。
カムちんは一度はあーびんにどか

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小さかったなあ

2.jpe

あーびんが産まれたときの写真です。
この時はまだ彼と一緒に暮らすことになるとは思っていませんでしたが、
そうとう気になっていたみたいで、ファイルを残してありました。
つくづく、大きくなったもんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狩の季節

先ほど、カムちんが壁際で何かを見つけ、攻撃音を発しはじめました。

「う…。涼しくなって奴らも活動開始したか」

うちは最近置き餌をほとんどしていないのですが、
ピアのために棚の上にちょっとだけカリカリを置いてあるので、
室内飼いの猫がいる家に必須(?)の「奴ら」が
時々現れるのです。

カムちんが家に来てしばらくの頃は、「奴ら」を追い回すのを見て
ぎゃーぎゃー悲鳴を上げていた(しかし、しっかり仕留めていた)私でしたが、
もう大分慣れてきて、「運動不足解消にちょうどいいじゃん♪」と
思うようになってしまって、ちとイタいかも。

攻撃態勢完了モードのカムちんを見て、もうそろそろやっつけるか…と
棚をちょっくら動かしたところ、棚と壁の隙間で動けなくなっていたのは、
「奴ら」=ゴキちゃんではなく、クモちゃんでした。

私の住んでいるところは、クモが多いらしく、
以前その事をネタにカルチャーセンターで作文を書いたら、
たまたまいらっしゃった同じ市内の人に
「うん。本当にクモが多い」と言われました。
ちなみにカメムシも2年に1度くらい大発生します。

「あー、クモちゃんはやっつけなくていいの。カムちんお仕事終了ねー」

と、未だ攻撃モードのカムちんを放ったらかして隣の部屋に行きましたが、
戻ってきても、カムちんは攻撃モードを解除していませんでした。
…根気があるといえばあるんだけど…。
面白いから、後姿を撮ってやれと思ったら、彼は写真を撮られるのが
キライなので、その場を離れてしまいました。チェッ。


えものをねらっていたのに、あねがじゃまするんです。
come_shobon.JPG
ぷんすか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼく、あーびん

ぼくびんのなまえはあーびんです。
ほんとうは、「あくあびっと」というそうです。
でも、あねうばは、ぼくびんをそんなふうによんだことがありません。
ちいさいから、じぶんのこと「あーびん」ってよぶんだそうです。
でもぼくびん、じぶんのこと「あーびん」ってよんだことありません。

きょうは、そふぁのまっとのしたにかくれて、
あねうばを、おどろかせようとおもいます。
ぱーぱか、まーまでも、いいです。
このわざのせいこうりつは、ひゃくぱーせんとです。

あれ…。みんなこないなあ。

ぼくびんが、かんぺきなまでにかくれたので、
きづかないのでしょう。
なにしろ、このわざのせいこうりつは、ひゃくぱーせんとです。

でも…。みんな、おそいなあ。

…ぐー。むにゃむにゃ…。

食事が終わったあね乳母に発見された、アクアビットさん。
ah-ashi1.jpg
微動だにせず。


30分後。既に夢の中。
ah-ashi2.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はばたくときめき

pia_dec_2.jpg

ほうき家ももっぷ家も電柱が側にあるので、朝の目覚めは
スズメちゃんの囀りから始まります。

そうなるとたまらないのがほうきズで、ええ加減おっさんになった
カムちんはもう無視状態ですが、若造2にゃんはいつかスズメちゃんを
ゲットしたい様子です。
ピアなどはカラスちゃんに向かって「ハッ、ハッ」と攻撃音を…。
悪いこたぁ言わないよ。逆にアンタが連れてかれちゃうって~。
猫にはあまり遠近感というものがないのでしょうか。

実は私が始めて飼ったペットはセキセイインコのポールとメル。
幼稚園に入る以前のことでした。
その後も断続的にセキセイ・文鳥・小桜・紅雀などが成人するまで
もっぷ家におりました。
ちゅーか、そのせいで拾った子猫を、全部里子に出すハメになったのですが。

鳥ケージを日の出と共に外に出し、日の入りと共に家にしまうということが
できないため、初めから鳥をペットにするのはあきらめていたのですが、
…将来的にも、ヤツらには鳥との同居はできなさそうだ…。

これを書くまで気づかなかったのですが、犬は散歩が必要なのと、
ほえ声の問題から却下(もっぷ家にいるし)、鳥も却下、そして猫を選んだ私…。
ま、単に今まで飼えなかったから飼ったというのもありますが、
猫って意外と現代向きペットなのかなぁ??

写真のピアが追いかけているのは、スズメちゃんではなく、雪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジ顔の逆襲

come_111503.jpg

まだ見てないのですが、ちまたで話題の「24」
@NIFTYのインターネットTVでも視聴可能だそうです。
地上波でもどっかのチャンネルでやってます。…しかし録画してないや。
そんなわけで、@NIFTYのトップページを見ると「24」の
バナーが出ていることも多く、大変嬉しいこの頃です。

実は私、主演(多分)のキーファー・サザーランドのン年来のファンなのです。

初めて銀幕上で見たのは、ご多分に漏れず「スタンド・バイ・ミー」なのですが、
なぜか、リバー・フェニックスではなく、キーファーの方に行ってしまって
現在に至るなのでした。

カムちんともペットとも関係ない話題やんって??
いやまあ、どっちも若い時からオヤジ顔ってことで。
キーファーがブレイクしてるのに、カムちんもあやかりたいなぁって。
(ブレイクしているのは主役っちゅーか、ドラマそのものなのかも??)

ちなみに24のオフィシャル?サイト
http://www.so-net.ne.jp/24/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメ改め?(こうさぎ)

きのうへいぜるが、houkimopがここに便乗したの?


*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

グルメ改め?

ah_neruv1.JPG

あーびんは割と食べ物を選り好みします。
とにかく肉類が好きなんですが、ちょっと試供品などを与えると
とたんに前の缶に見向きもしなくなります。

カムちんとピアと犬たちは、出されたものを食べる派なので、
ちょっと彼は変わっているなあと思っていました。

で、どんどん新しい缶を買うはめになっていたのですが、
たまたまストックが切れて、以前に買って食べなくなった缶しかないと
いう事態になりました。
あー、あーびんは食べへんやろうな、と思っていたら。


見事に完食。


ただ単に飽きっぽい性格だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No more Spanking

mg26.jpg

桜沢エリカ(敬称略)の「しっぽがともだち」で
同名のサブタイトルの漫画を読んだ時、
「あたしゃ、そんなこたぁしないよ~」なんてお気楽に思ってました。

…でも。

先日INもっぷ家。
その日、私は猫たちの運と知ーを次々に片付けたところ、
続いて犬たちがなさったので、合計6名の運と知ーを
一度に片付けるはめになってしまいました。
これで全員おしまいだなーと思ったところ、ソファに上がるための
クッション(犬用)の、ど真ん中に運が…。

「え~?これ誰の~?」

私の声を聞いてソファで寝そべっていたクリが、さっと目を伏せました。
犯人はおまえか~。
「あ゛~、も~、こんなとこで運して、もう~!!」

さっさと片付けて、通りがかった母に
「もう~、クリこんなとこで運して、最悪やわ~~」
と、愚痴愚痴ぼやいていたところ…。
さっきまでソファの上にいたクリが、ダッシュして母にすがり付き
だっこを求めてきたのです。

「…しまった…」

クリは運&知ーについてはものすごく几帳面で、ほとんど失敗したことが
ないのです。
彼は車が好きで、母が買い物に一緒に連れていって車で待たせておいたり、
家の前で止めている車に乗せておいたりしているのですが、
その間、何時間かかろうと、決して粗相をしたことがないのです。
だから、今回のコレはクッションに飛び乗ったはずみに、ついモレたかして
本犬的には「しまった…」という類のものだったのです。
追い討ちをかけてしまった…。

慌てて、
「クリがこんな所に運するなんて、よっぽどやもんな、
お腹がグルグルやってんな~~」
と、フォローしたものの、クリはしばらく母の陰に隠れたまま、
私と目をあわそうとしませんでした。
お~い。言葉責めだけでおそれいるんじゃない、クリ…。
ひたすらご機嫌をとって、やっといつもの甘えん坊クリに戻ってくれました。
とほほ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Live Flesh

ah_neru2.jpg

さて、すやすやと寝ているあーびんは、とにかくとにかく
肉が好きです。
どうもドライよりはウェット、
それもブロック状のものよりはフレーク状の肉質感が好みのようです。

ところでウチは春・秋はフードを変えるのですが(FUS対策に)、
恒例の届いたドライフードをほうきズに食べさせたところ、
突然あーびんが嫌ーーーーーな顔を…。
それ以来、ぴたっとそのフードを食べなくなりました。

原材料を見たら、鶏ミール・からす麦・以下略でした。
以前にもあーびんが嫌がったドライフードがあって、
それもやはり主原料が肉類じゃなかったんです。
ヤツの舌には肉察知センサーが付いているのでしょうか。

本当はフードよりも肉、スーパーで買ってくるのとかじゃなくて、
噛んだらじゅわっと肉汁、いやブラッドスープが噴き出すような
踊り食いなんかが好みなんじゃないかと思ってしまう私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーキ屋さんでケーキを作る

友人よしりんに便乗してケーキ教室に行ってきました。
こちらの講座は、ケーキ屋さんが開催されているということで、
興味をもったんです。

今回作るのはマカロン。
macaron_pro1.jpg
これはお店の商品です。

受講メンバーはよしりん、てらちゃん、私。
よしりんが私とてらちゃん共通の友人です。
ちなみに三人で以前に会ったのは、5年前の史上最悪の
変な合コン(連絡をつけたのは私だった…)でした。

さて、現地のお店は、とても可愛らしい店舗でした。
(しまった、外観を撮るのを忘れた)
講座が始まろうとする時、先生から微妙な一言が…。

「マカロンは、難易度の高いお菓子です」
「!」

自慢でも卑下でもないけど、私が最後にお菓子を作ったのは十年以上前の事…。
よしりんは私よりマシで、最近も作ったことがある様子。
てらちゃんはケーキ作りが趣味なので、準備バッチリです。


…先行きの不安を覚えつつ、講座スタート♪

文明の利器(電気泡だて器)のおかげでメレンゲ作りは難なくクリア、
次は粉混ぜです。
ケーキ作りの癖が抜けず、泡を潰すのに四苦八苦していると、
また先生のお言葉が…。

「ここでしっかり泡を潰して粉を馴染ませないと、
薄いマカロンになってしまいます」

この時点で、三人の生地に違いが出てきました。

よしりん生地   : 色が濃い。量が少ない。
てらちゃん生地 : 中くらいの色。量が多い。
マイ生地     : 色が薄い。量はやや少なめ。

…ヤバい。大丈夫か、マイ生地。

「マカロンは混ぜ方ひとつで変わりますからね。個性が出るお菓子なんですよ」

先生の言うその個性は、生地の絞り出し方にも現れていました。
こんもり可愛い形のよしりん。均一な形のてらちゃん。
何だかやたらに大小のあるマイマカロン。

…大丈夫か、マイ(以下略)。

とりあえず、生地は乾かした後、焼きに入りました。(業務用オーブンで!)
次はマカロンに挟むクリーム作りです。
で、この間、汚れたボウルやらゴムベラやらは、全部洗っていただいてたんです。
我々は、ひたすらケーキ作りに専念しておりました。
料理教室に行くと、専ら洗い物係の私としては、すっごーーーく、有難かったです。

そうこうしている内に、無事三人分の生地も焼き上がりました。
先ほどのクリームを挟んで、「完・成・です!!!!!」

出来上がったマイマカ
macaron_mine1.jpg


早速試食タイムです。
なんと、店頭にも並んでいる商品の「雪の結晶」という、美味しいフレーバーティーを
淹れていただきました。
紅茶もあるし、さあ一口…。

                                               …サクい。

どうやら、私は「薄い」マカロンを作ってしまったようだった。

「マカロンはそれぞれ自分に合った作り方があるんですよ。何回か練習すると
ベストの状態を覚えますよ」
…猫のシャンプーと一緒だ…。
それより何より、先生にやってもらって綺麗なのができるより、
ほとんど自分で作ることができるっていうのが嬉しい!です。
そして次こそ、必ずやリベンジ!


マカロン作りを教えていただいたお店
パティスリー・プチ・ジャポネ

京阪神、京阪奈のケーキ好きさん、ぜひぜひ足をお運び下さいね!


おまけ:
《プロの技と比較 正面図》

macaron_hikaku.jpg
右の白くて小さいのが商品。

《プロの技と比較 断面図》

macaron_pro_danmen.jpg
こちらが商品。

macaron_mine_danmen.jpg
こちらがマイマカロン。
しかし、素人にもここまで作らせていただいて感謝のかぎりなのでした。

もいっちょおまけ:
《マイマカロン、アクアビットさんと記念撮影》
macaron_et_akvavit.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔露刺駆!悪亜美斗!

ahbin5.jpg

あーびんは歩き方が大変ガラが悪いので、時々「ヤンキーあーびん」と
呼んでいます。
ただ今、ほうきもっぷ両家最強の生き物です。
何も怖いものはありません。

同じくらい唯我独尊なヨーキーのモモが、あーびんの歩き方を見て
キレた事があります。
(今はもう慣れたようです)
種族は違うのに、意味は通じたらしい…。

ゴリラもそんな感じで歩くらしいし、TVでも「見た目がいかつい人の歩き方」って
やってたな…。
もしかして哺乳類共通ボディランゲージ何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果オーライ(こうさぎ)

きのう、猫とかズしたかった。


*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

陣取り合戦

comeup.jpg

さて昨晩新しく掛けふとんがでてきた我が家です。
カムちんは一度はあーびんにどかされたものの、
再び復活してふとんで爆睡。
私も寝よう…と思ったものの、どうしてもしなければいけない
作業があって、ふと気づけば午前三時。
そして、、、いつも私が寝ている場所ではあーびんが熟睡。
かろうじてふとんにアゴが乗っていたのでどうやら
彼もふとんで寝たかったようです。

…結局、ふとんの隅で猫みたいに丸くなって寝ました。
でも私、人間だから、こんな格好じゃ寝れない(涙)。
犬も猫も、哺乳類や鳥は大概丸くなって寝るけど、どうしてそれが
苦しくないんだろう…。
ああ、でも猫たち全開で伸びまくって寝てる…。

結局、猫たちが微妙~に寝返りを打って動いたので、なんとか足を
伸ばして眠れました。ちゃんちゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »