« ☆ | トップページ | 汗かき »

Kissing Addiction

chico1.jpg



写真の主、チコは過度の甘えん坊で、何かというと「ちゅー」を求めてきます。

要するにしつけの失敗なんですが。

犬が「ちゅー」を求めてくるのは、離乳期に母親にゴハンをねだった名残り
なんだとか。
(本来の犬の離乳食は、母犬が半分消化したものを戻して
子犬に与えるものだそうですしね…)
人に飼われている狼も、飼い主さんに「ちゅー」しているのをTVで見ました。
こっちは群れ内での順位つけの意味があるとか言ってたような…??

それでも、必要以上に「ちゅー」したがるのは問題行動の方に入る
みたいですが。
でも、ウチはバリバリに甘やかしているので、ほぼ100%要求に答えています。
人畜共通感染症という言葉は、我が家では死語です。

今年のある夏の朝、いつも通りにチコと「ちゅー」していたのですが、
目の前にどアップになっている彼女の顔に異変を感じました。
早速、モモクリを呼んで同じ場所で同じことをしましたが、彼らの顔からは
何も感じない…。

すぐ、獣医さんにかくかくしかじかと訴えたら、すぐに診断が下りました。


思ったとおり、初期の白内障でした。


進行を遅らせるため、彼女は毎日目薬を差すことになりました。
ほうき猫ズと違って、もっぷ犬ズは目薬を苦にしないのが救いです。

至近距離で瞳を見なければ、気づくのがもっと遅くなるところでした。
「ちゅー中毒」も、悪いばかりじゃないもんだ。

補足:「犬の離乳食」について、補足記事を書きました。
興味のある方はこちらをクリックして下さい。

|

« ☆ | トップページ | 汗かき »

ペット」カテゴリの記事

コメント

早期発見できて、良かったですね(^-^)
我が家の「ちゅー魔」は、ボンちゃんです。
ボンちゃんは、幼い頃、一緒に眠っていると、
口の中に頭を突っ込んでくるという「ディープちゅー」を
してくれていました。
あーびん君も、そうだっけ?
あれは、やはり母親恋しさだと思います。
ゴロゴロ言いながら、手はグーパーしていましたし。
起きている時、抱っこすると「ちゅー」♪
幼い頃は、ほんとに「ちゅーちゅー魔」でした(^-^)
今は、挨拶程度に、「ちゅー」してくれます(^-^)
あ!今は寝ていると、鼻や、頬骨、顎を「甘噛みちゅー」してくれます(*^-^*)
私も、ボンちゃんと「ちゅー」しているときに、
眼球の傷を発見したことがあります。
やっぱり我が家でも、人畜共通感染症という言葉は無い。

投稿: 眠れる森の猫 | 2004/09/10 00:26

や~ん、ちゅーちゅー魔なボンちゃん、可愛いな♪

ボンちゃんの目の傷も発見されたんですか、
至近距離で見ると目の様子ってよくわかりますもんね。

あ、あーびんはモーリス君と一緒で、新しい家に来たら
新しいママがいたのよ…。
ディープちゅーするようになったのは、私を「メシ係」と
認識してからなの~。

チコはだいたい生後40日でウチに来たから、彼女のは
母恋いのちゅーかもしれないです。

投稿: ほうきもっぷ | 2004/09/10 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51258/1399314

この記事へのトラックバック一覧です: Kissing Addiction:

« ☆ | トップページ | 汗かき »