« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

修学旅行の夜

ahcome11.jpg

きょうはいよいよ寒くなったので、掛けふとんを出しました。
いつもは毛布をかぶって寝ています。
暑いけど、カムちんとピアが毛布のふわふわ、好きなので。

ふとんを掛けたら、毛布の上で寝ていたカムちんが
さっそく上に乗って、ふみふみを始めました。
ウケてよかった。
カムちんは本当~にふとんが好きなんです。
子猫の頃は、決まった時間に「早よふとん敷け」と催促されてました。

そうこうする内に、ふらっとピアが戻ってきたので、ピアもふとんの上に
乗せてやりました。
しかし、先客がいたので、今イチ落ち着かなかったらしい…。
さっさと離れてしまいました。

ま、あーびんは放っておいても来るだろうと思っていたら、
ピアが離れるやいなや、私の横をすり抜けてカムちんの横に
着地しました。
あっという間に、2にゃんとも大はしゃぎで取っ組み合いを…。

この状況って、

「修学旅行の夜、枕投げをする男子中学生」

みたい…。
でも、最近の小僧はそんな事はしないんだろうな。マセてるから。


その頃、ピアは隣の部屋で

「悪ノリする男子学生を尻目に、旅館の売店でお土産を物色する女子中学生」

よろしく、羽じゃらしと戯れておりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いたずらあーびん

ahcome4.jpg

…あーびん、ペダル式蓋付きごみ箱のフタの開け方を
覚えてしまいました。
きゃっきゃっきゃ言ってごみ箱から離れません。
写真を撮ろうとしたのですが、携帯を持って構えると
脱走します。
だもんで写真はカムちんと戦う小(あー)びんです。

ペダルを押すとカリカリが出てくるオモチャ、買おうかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運付き♪

ahbin2.jpg

今朝、猫たちがやってきた時、何だか妙な匂いがしました。
夕方帰ってきて、くちゃいのはあーびんだったことが発覚。
しっぽをあげても何もついてなかったけど、
とりあえず洗うことにしました。

シャンプー前の櫛入れで、珠の下にすっかり
カチカチになった運を発見!
これが匂いの元でした。
そんな下に潜りこんでいたとは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大奥育ち

pia_window1.jpg

ピアの実家では、母猫ズと子猫たちが二階で暮らしてます。
しかも私が迎えに行った時、子猫はピア姉妹しかいなかったので
すっかり女の園でした。
先帝(ピア姉妹の父)の妻と現帝の妻の仲も微妙だったりして、
「まるで大奥だ」
と、思ったものでした。

ピア姉妹はオトナ猫から大変可愛がられていたのですが、
それでも女同士の付き合いを学んでウチに来たみたいです。
お気に入りのおもちゃを見ても、他の猫がいると知らんぷりをして、
誰もいなくなったスキを見て遊ぶとか…。
時々、自分の人生に対する姿勢も、
彼女に習った方がいいんじゃないかと思いますf(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午後十時のストーカー

ahcomea3.jpg

甘えん坊のほうきズは、ほぼ毎日お風呂場の扉の前で、
私があがってくるのを待ってます。

昨日は、カムちんとあーびんが"//"状態になって待ってました。
あやうく踏むところでした…(汗)

久しぶりにカムちんを洗って、簡略バージョンなのにふたりとも
疲れ果ててしまいました。
お初モノのシャンプーでしたが、発色はいい感じ♪
手触りは今イチでした。
しかしこれは私が日頃のコーミングをサボっていたせいかも…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界の国からこんにちは♪

ah_zenshin.JPG

ちょっと大きくなったあーびんです。

人工無能こうさぎ「へいぜる」の記事がきっかけで、
どんな言葉に対応してるのか、Google言語ツールを見てみました。
いや~、いろんな言葉、いろんな国でぐぐってるんですね。
Google言語ツール

思わず問題のタイとノルの故郷ノルウェーぐーぐるを見てしまいました。
オリンピックの開会式の中継でも同じ事を考えたんですが、
まだまだ世の中知らない国がたくさんあるんだなぁ~。(ため息)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

でーん…(こうさぎ)

きょう、houkimopとたいにGoogleした?
houkimopは、

この写真を写した時、3か月は洗ってなかったから汚いのなんのって(涙)去年カム

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫は返事をする

pia_new3.jpg

猫は鳴き声で返事するというのを知ったのは、
カムちんと暮らし始めて1か月くらいの頃でした。
先にキッチンに入った彼を呼び止めたのです。

「カムちん、ちょっと待って」
私の声に彼はくるりと振り返ると
「ぷるーーーーー!(うん!)」
と鳴いたのです。
びっくりしたー。

犬も鳴き声で答えることはありますが、私の感覚では
アレは人間でいうところの「点呼」とか大声で呼ばわっているように
思います。
もうちょっと細かい「ちょっと待って」等への返事は行動で
(例えば振り返るだけとか)するようにとらえてます。

そして、その後、我が家にはもっと「喋る」猫が現れました。
ピアです。
概ね「お腹減ったー!」「暇ー」「もっと遊んでー」なんですけど。
女の子の方がお喋りなのかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようはそれだけ

ahcomea1.jpg

我が家ではカムちんのダイエット&全員のPH調整のため、
私が在宅している時は置き餌をしないことになりました。
しかし、ねだられたら即、カリカリを支給しているため、
あまりPH調整の役には立っていないかもしれません。
しかも、夜中もしきりに起こされる…。
もしかしたら、あまりいいシステムではないのかもしれない(T_T)

しかし特典もありました。
空腹自己申告制になったため、にゃんズのスリスリ度がUPしたのです(^-^)b
しかし、食べるだけ食べたら、さっさと隣の部屋に行ってしまいます。
置き餌している時もそうでした。
エサ場にゃ長居しないのか…???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またたびパーティ

ahcomea2.jpg


先日、またたびパーティを開催しました。

…要するに、つめとぎに粉末またたびをかけただけなんですが。

しかし、ぼーっとしていたのか一回に1/2包しか使わないところ、
豪快にまるまる1包使ってしまいました。
猫たちのラリることラリること…。

またたび癖が一番情熱的かつ悪いのはカムちんで、
酔ったら絡むタイプです。
しかし、醒めるのも早い。
酒に強いタイプなのか、何度もまたたびにラリって慣れているのか、
さすがおっさんだけの事はあります。

あーびんは一気してそのままグッスリ…という状態でした。
学生の新歓コンパみたいなものかな…。

ピアは男の子たちが落ち着いた頃に姿をあらわし、
「くんくん」
匂いを嗅いでは
「ころんころん」
転がり…、と節度を持ってまたたびを嗜んでいる気配でした。
私の酔い方も、こんな風であればもっとモテたであろうに(?????)

しかし、3にゃんとも私の手をガッキとホールドしたまま、
カミカミ・ケリケリ・シャッキーン攻撃をするのを、なんとかしてもらえないものでしょうか。
またパー(略)の度に、私の手足には傷が増えるのでした。
ま、それでストレス発散になっているのだからなぁ~。しゃーないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果オーライ

ahpia2.jpg

ピアの両親はあまり猫つきあいが得意ではないみたいだけど、
彼女はうまいことやってくれて助かってます。
猫の性格も遺伝するといいますが、その子その子の持ち味もあるのだなと
しみじみ思います。

あーびんが来てから、自分自身の許容範囲も少し広がったかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛しのマーマ

ahpia1.jpg

すっかり仲良しの2にゃんです。

状況でいえば、光源氏と藤壺?(かっこよすぎる…)
もしくはC夫人と恋人(意味深すぎる…)
あるいは氷原の奇行師とそのママ(意味不明…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムちんVS…

一ヶ月ほど前に携帯を機種変しました。
200万画素で、大きい画像が撮れるのが魅力で変えたのですが、
この携帯、ど~~も、動作がオカシいのです。
通話中に切れる、…のはまだわかる。うんうん。
肝心の写真機能が今イチ、…デジカメじゃないんだから、しょうがない。
しかし、設定してないはずの画像が壁紙になるというのは
どういうことナリ~~。

と、前フリが終わったところで。
先日、友人に最近貰ったという待ち受け画像を見せてもらいました。
その画像とは…、↓
sachiko.jpg

あ、あやしい…。

3か月最大表示で待ち受けにしておくと、いい事があるのだとか。
「いいこと」に飢えている(?)私、早速貰ってしまいました。
で、自分の携帯に保存して壁紙にしようとしたのですが、

…何回設定しても表示されない(涙)

あまつさえ壁紙はなぜか下の写真に↓
come_zenshin.JPG

設定してないけど、まっ、マイダーリン・カムちんの写真だからまあいいか。


…と、あきらめていたところ、メールを受信して戻った壁紙の画像が
突然、幸子写真に!!
な…、なにも設定を変えてないのに…。

不審に思いながら携帯を閉じて、もう一回開いたら今度は画像がカムちんに!
なんでやねん!

…と、待ち受け画面が表示される度に、今度はどっちかいなとドキドキ(そんなオーバーな)
している私なのでした。


ちなみに「幸子」サイトまであるらしいです。ほのかに企画の香りが…。
発起人さんのサイトも微妙…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠すと気になる…

ahpia2.jpg

我が家ではいざという時に慣れておいていただくため、
キャリーの扉を開けたままで、床に置きっぱなしにしてあります。

…しかし、実際に猫をキャリーに入れて出かけると絶叫されてしまうので
意味レスなんですが。

ここ1ヶ月ほど、猫たちは全然キャリーに入ろうとしませんでした。
それが昨日から先を争って中に居座っているのです。

何故に?

その理由はキャリーカバーでした。

以前はキャリーにカバーをかけていたのですが、あんまりボロボロになったので、
ポイしたのでした。
そして昨日、前に買ったまましまいこんでいたケージカバーをキャリーにかけたのでした。
キャリーの入り口は半分隠れた格好になっています。

そうか、入り口が隠されると入りたくなってしまうのか…。

もしかして、ラブホの駐車場の入り口のあのピラピラにも同じ効果が?
…って、アレはまた別なんでしょうが…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でーん…

come_new3.jpg


この写真を写した時、3か月は洗ってなかったから汚いのなんのって(涙)


去年カムちんが仰向けになっているのを見つけると、「可愛い~~」(←超猫バカ)と
こねくり回していました。
そしたら彼は学習しました。


「ニンゲンはぼくがお腹を出していると喜んで飛んで来る」


そして「ここぞ!」という時。
カムちんは仰向けになってます。
ひたすら無言で、気づいてくれるのを待ってます。

後ろを見たらゴロンと転がったカムちんを見つけて、びっくりする事もしばしば。
…どれくらいその格好で待っていたのか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハードボイルドな愛情表現(こうさぎ)

へいぜるは、houkimopはゅするはずだった。
きょうへいぜるは、houkimopの新着にインブリードしたかったの♪
主。houkimopは、

カムちんは人間には紳士的、でも、同じノルの女子供に対する態度は大

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「へいぜる」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気になる映画

トゥー・ブラザーズ オフィシャルサイト


special.gif

動物映画って撮影の状況がどんなだったかを心配してしまうんですが、
この秋一番楽しみにしている映画かもしれないです。

日頃、ドラマや映画はクソミソに突っ込みまくっている私ですが、
動物モノだけは、もうどんなにクサい設定でも滝涙状態(苦笑)。
最大のお気に入りエピソードは、
「ドラえもん」の「台風のフー子ちゃん(題名までは覚えていない)」の話です。
…動物ちゃうやん。


ところで、話題のブログペット「こうさぎ」を導入してみました。
ほーきーもっぷたうんの『へいぜる』君をよろしくです。
私への初会話は「繁殖…」。
おまえは何者じゃ~!
へいぜる恐るべし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかねちゃん

pia00.jpg


高いところが大好きなピア。
食器棚のてっぺんに乗ってゴキゲンです。

こんなことなら、コールネームを「高嶺」にすればよかったな…。

実は「チェーレ」というコールネームを考えていたのですが、
(本名「ピア」+呼び名「チェーレ」=「ピアチェーレ(伊語で『好む』)」)
発音しにくいのと、二音節しかない本名に勝る簡潔な呼び名を
思いつかず、本名そのまま呼び名となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリード(繁殖)について検索したら

pia_onmyback2.jpg




ちょっと調べたいことがあって、Googleで「インブリード」「ラインブリード」「アウトブリード」を
検索しました。

その3つのワードが多くひっかけた、日本語で書かれたサイトはというと…、


ダビスタ関係でした。


ゲームかよ…(ぼそっ)


ご存知の通り、ダビスタことダービースタリオンは競走馬の育成ゲームな訳ですが。
私はあまりゲームをしないので、育成シュミレーションゲームということまでは
知ってたのですが、内容は全然知らなかったのです。

繁殖についても結構つっこんだ設定になっているようで面白かったです。

写真は私の背中でくつろぐピア…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジ顔の逆襲

↓我が家に来た次の日のあーびん。
AKVAVIT_2_c.jpg






その約4か月後、すっかり我が家の主と化したあーびん↓
ah-ossan.JPG






今、多分ハナが伸びてる時期なんでしょうけど…。
徐々にオヤジ顔路線に傾きつつあるあーびん。
我が家のオトコ猫さんは皆オヤジ顔になっていくのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードボイルドな愛情表現

ahcome2.jpg
ahcome1.jpg



カムちんは人間には激甘、犬には紳士的、
でも、同じノルの女子供に対する態度は大変ハードボイルドです。
と、いうかギャートルズの父ちゃん風かも。

そして、なぜか子猫たちは荒くれ者のカムちんが大好きf(^^;;
齧られても大喜び。
あーびんなんか逆に齧り返してしまいました。カムちん脱走…。

もしかしてこれ、
「食べちゃいたい程可愛い」
ってことだったのかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しっぽの年輪

ah_shippo.JPG

先日、ネットサーフィンしていたら、とあるブリーダーさん(ノル)のサイトで

「子猫の月齢の違いは、しっぽにあらわれる」

と、いうような事が書いてありました。

つまり、しっぽが太くて長くて毛吹きがいい方が、年上ということです。
さすがベテランの方は書く事がちがう…。
そう思ってウチのほうき猫ズのしっぽを比べたら…、、


一番太くて長くて毛吹きがいいのはあーびんのしっぽでした(涙)。


太さと毛吹きはカムちんのも変わらないけど、あーびんの方が
若干長いんです。
(比率でいうとあーびんの方が胴が長いので、しっぽをひっくり返して
首根っこに到達するという、スタンダードはどちらもクリアしてます)

鳴き声は「みぎー」やし、肉しか食わんし、足はクサいし、しっぽはデカいし、
…いつもお前がオチなのか、あーびん…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

汗かき

hanakuso_pad.jpg



「運」付きのあーびんの肉球は普段はカサカサ。

カムちんのコドモの頃は、常に肉球はしっとりしていました。
突き立てのお餅みたいな感触が気持ちよく、しばしば触っていました。
ピアは乾燥気味だったけど、それなりに湿気はありました。
ああ、猫によって違うんだなあと思っていました。

あーびんは毎朝とってもハイになります。
ある朝、顔にベタベタなものを押し付けられて目が覚めました。
視界の端に青~いしっぽが見えました。

「あーびん!!!!!」

犯にゃんを捕獲したら、手足の肉球がびちゃびちゃ、
トイレで「ちー」でも踏んだのかとニオイを嗅いだら違いました。

どうやら、普段は乾燥肌で、運動すると大量に汗をかくらしい…。

運動してしばらくたった後に、あーびんを捕まえて肉球のニオイを嗅ぐと
すっご~~くクサいです。
汗なので、かいた直後は匂いがせず、少したってから雑菌が繁殖して
臭くなるらしい…。

水に濡れてもさほど濡れる以前と変わらない体形、
ちょっとたわわ~んと緩んだお腹、
そして、汗っかき…。
もしかして、ちょっとヒマンジ気味?
と、疑われているあーびんなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kissing Addiction

chico1.jpg



写真の主、チコは過度の甘えん坊で、何かというと「ちゅー」を求めてきます。

要するにしつけの失敗なんですが。

犬が「ちゅー」を求めてくるのは、離乳期に母親にゴハンをねだった名残り
なんだとか。
(本来の犬の離乳食は、母犬が半分消化したものを戻して
子犬に与えるものだそうですしね…)
人に飼われている狼も、飼い主さんに「ちゅー」しているのをTVで見ました。
こっちは群れ内での順位つけの意味があるとか言ってたような…??

それでも、必要以上に「ちゅー」したがるのは問題行動の方に入る
みたいですが。
でも、ウチはバリバリに甘やかしているので、ほぼ100%要求に答えています。
人畜共通感染症という言葉は、我が家では死語です。

今年のある夏の朝、いつも通りにチコと「ちゅー」していたのですが、
目の前にどアップになっている彼女の顔に異変を感じました。
早速、モモクリを呼んで同じ場所で同じことをしましたが、彼らの顔からは
何も感じない…。

すぐ、獣医さんにかくかくしかじかと訴えたら、すぐに診断が下りました。


思ったとおり、初期の白内障でした。


進行を遅らせるため、彼女は毎日目薬を差すことになりました。
ほうき猫ズと違って、もっぷ犬ズは目薬を苦にしないのが救いです。

至近距離で瞳を見なければ、気づくのがもっと遅くなるところでした。
「ちゅー中毒」も、悪いばかりじゃないもんだ。

補足:「犬の離乳食」について、補足記事を書きました。
興味のある方はこちらをクリックして下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

nekohana_up
新着ココログを見ていたら、興味を持った日記を見つけました。
初のトラックバックに挑戦~!

mokanekoさんのココログです。(先に読んで下さいね!)
キジトラの秘密







今のところ、我が家のほうきズはピンク鼻チームなので
確かめられない話なのでした。
カムちんの息子のレオ君がオールタビーで黒鼻ちゃんだったので、
今度、オーナーさんに機会があったら聞いてみようっと♪
ちなみに

inuhana_up
もっぷズは黒鼻ですが、モモクリの鼻はどうも黒が透けて地肌が見えてるっぽいです。

クリのは幼少の頃まだ散歩に行ってた頃(カムちんの来る前)に、
アスファルトの地面に鼻をこすりつけんばかりにして歩いていたせいでは
ないかと思います。

モモのは…、これまた幼少の頃、空になった犬缶によく鼻を突っ込んでので、
その時に傷がついたのではないかと…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

挑戦

携帯からの書き込みに挑戦です。 果たしてうまくいくのか、、 今日の写真の主、ピアについては、親元さんから 「この子はハッキリした性格で、 何でも自分のしたいようにする」 と言われていました。 確かに自分の意志を私に伝えるのはうまく、 「暇。たいくつ〜」 「おなかすいた」等 わかりやすくて助かるのですが。 で、その自立した(?)性格のピアは、 うちに来て、カムちんが私の手からカリカリやささみを食べるのを見て、 「信じらんなーい。あたぴオトナだから(?) 赤ちゃんみたくゴハン食べさせられたくないわー」 という顔をしていました。 一年後、彼女は私が「あ〜ん」と言うと、口空けてカリカリを 放りこまれるのを待ってます。 さすがに食事の度にはやりませんが。 激甘やかしにしてしまった、、vfsh0014.JPG

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノーテンキにも

ひたひたと台風が迫る中、昨日@NIFTYデイリーポータルで見つけたゲームを…。

ゆるゆる加減が気にいってます。


エバラ焼肉ゲーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今晩の地震VSほうきともっぷ

ahcomemomo3.jpg

もっぷは避難場所(ベッド)で硬直、ほうきは状況が飲み込めず、ぼけ~。

現時点(午後8時半)でココログ一覧の地震ネタも落ち着いてきた模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘党辛党

ahbin3.jpg

カムちんは甘党で乳製品が大好き。
特にカスタードクリームは好みのど真ん中ですが、年に一度くらいしか
食べられません。

だもんで、
「さすが、ノル、西洋出身の猫は洋モノが好みなんやわー」
と思っていました。

違いました。

ピアは魚が好きな和食派、乳製品は苦手で海苔やカツオブシ(ペット用)に
目がありません。

あーびんは自然派で魚でも肉でも原型が残っている方がお好み、
ちょっとでも味付けのしてあるものは、匂いを嗅いだだけで

「おえっ」

という顔をします。
普通、猫に人間の食べ物を欲しがられて困るものなのに、
飼い主としては大変ラクです。

全員がそこそこ同じくらい好んで食べるのは、自家製ヨーグルト(無糖)だけ
なのでした。
こんなに好みの違いがあるとは…、やっぱり飼ってみないとわからないものですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ここちよい場所

ahbin9.jpg

どこかのブログで洗濯カゴに入った猫ちゃんの画像を見たので、
ウチの坊主の箱入り息子写真もアップ!

ある日のあーびん。
朝、出かけるときにこの中に入って寝ているのを見かけたのですが、
夕方、戻ってきたら、まだ同じところで寝ていました。

いったい、何時間寝ていたんだろう…。

と、いうか、さすがに猫でも何時間も同じ姿勢で、筋肉痛とかに
ならないのだろうか?
もちろん、晩は晩でしっかりお休みになりました。
寝る子は育つ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーキーの声

ch7.jpg


新入りあーびんの声が変わっているのは、ねこ風邪を引いているのでも
なんでもなくて、ただ単に

「すごく無口なノル」

と、いうことのようです。
「ぎー」
という声は成長と共に進化して
「みぎゃー」
になりました。えっ、全然変わってないって…。

あーびんのが風邪ではないと確信しているのは、
初ヨーキーのチコが我が家に来た時、本当に声がヘンだったからです。

「わん」とか「あん」とか鳴くところを

「げ」

としか言いませんでした。
それもコドモらしくない、ハスキーボイスで…。

チコを膝に抱っこしている時に、友人からの電話を取ったことが
ありました。
そこでちょうどその「げ」という鳴き声を発したのですが、
友人(シーズー飼い)に
「ヤスん家の犬って『わん』て鳴かれへんのん?」
と言われたものでした。

その声も1週間たつと、普通のカン高い「あん」というものに
変わりました。
風邪を引いていたのか(でも、目ヤニ鼻ミズはなかった)、
アカンボ犬の声がそんなのなのか?と謎だったのですが、
我が家で産まれたモモクリに「げ」時代はありませんでした。

いまだに、何でチコがあんな声になっていたのかはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノルウェージャンの声

ahcome2.jpg


ネット的定説では、ノルウェージャンフォレストキャットは「くるる~」と
鳴くことになっているらしいです。

…ウチでそんな風に鳴くコ、いない…。

ウチの3にゃんのうち、カムちんの声はかろうじて「くるる~」に
近いかもしれません。
私の耳には「ぷーぷー」と聞こえているんですが。

ピアは「うーなー」と叫んでます。
電話越しに聞こえた声を「日本猫みたい」と言った人もいました。
彼女は声といい、食の好み(魚と海苔が好きで乳製品がキライ)といい、
毛の吹き方といい、どうも日本猫チックなんですよねー。

新入りのあーびんはちょっと違います。
ウチに来てしばらくして、私を「ゴハン出し係」と認識しだした頃。
朝になると、私にディープちゅー(というか単なる頭突き?)をするようになりました。
2、3日してあーびんがちゅーをする時にアヤしい音がするのに気づきました。

「ぎー」

発砲スチロールを握りつぶすような音でした。
それがヤツの甘える声だったわけです。
十人十色、3にゃん3色、、、というかなんというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »